店頭バイク情報レンタルバイクバイク買取店舗紹介      
只今毎週 木曜定休 20:00迄のお楽しみ!

 
HOME»  お客様とツーリング目次»  歴代ツーリング日誌目録»  お客様とのツーリング日記»  H23.06.11-12 南木曽路 赤石荘 総勢51名

H23.06.11-12 南木曽路 赤石荘 総勢51名

遅くなりましたが、2013年春の一泊ツーレポです。

悔しいけど きゃぷてんのツーリングは「雨」と烙印を押されるくらい、雨。

いつものミーティング風景です。皆さん雨具のお世話に成ってます。でも、負け惜しみでは無いですが、こういう事も無い限り 雨の日にバイクを走らせる事は無いでしょう。つまり、雨のライディングを嫌でも楽しめる 絶好の機会なのです(^^;)

 

先ずは富山の方々と合流のため 細入道の駅「林林」でお約束の休憩です。

どうですか、この見事な雨量。去年はもっと多かったのに残念ってか。

 

神岡経由で乗鞍に到着、予約を入れた「あんき屋」さんで昼飯です。

写真では見えませんが やはり50台は素晴らしいです。AM11:00の予約でしたが、30分の遅刻です。

 

飛騨牛の鉄板焼きを無理を言い、予約させて頂きました。

何が無理って、いっぺんに50人前の鉄板焼き用の「鉄板が無い」と言うことで、考えた挙げ句 「4人分一緒に焼こう」と言うことに成りました。あったま良い!!

 

これがあんき屋さんが用意してくれた きゃぷてんご一行用セットです。

普段のメニューには無いセットだそうです。柔らかいお肉と美味しいご飯はグッドでした。

 

ここは中山道の「奈良井宿」奈良井木曽の大橋です。

ここまで来ると雨は小降りでしたが、道路が乾いてないので雨具は脱げません。R19号で先頭組と後続がはぐれたアクシデントにより、オマケの奈良井宿散策が出来ました。

 

ここでもう一つのトラブル?走りが激しいのでフェンダーがもげちゃった。

マグザムトライクのフェンダーのステーが折れて終いました。このお父さんも前に放されないように 結構アグレシップな運転をなさってましたが、まさかステーが折れるとは・・。今少しずつ浸透し始めたトライクですが、まだまだトラブルは出てきそうですね。頑張ります。

 

後半帰る方もお出でるので、奈良井宿道の駅で最初の集合写真です。

賀曽利さんの決めポーズを拝借。これから先も皆さん、きゃぷてんを宜しくお願いいたします。

 

ここでCMさせてください。店長と賀曽利さんのツーショットです。

今回賀曽利氏のご来店目的は きゃぷてんのCMにご出演頂く為に来て頂きました。来月からのきゃぷてんのCMも見逃せませんよ~

 

PM4:20 赤石荘に到着です。

今回の僕の相棒は ヤマハ XT1200テネレ 隣の緑いのは事務長の カワサキ ニンジャ1000 店長は スズキ スカイウェイブ650LX 工場長は スズキ GSX1300ハヤブサ で参上です。

 

赤石荘さんの長い廊下が一杯に成りました。

まるで大人の修学旅行みたいです。でも此が一泊ツーの醍醐味でも有るわけで 今日初めて合った方々同士が 声を掛けて笑い合う光景が 僕は大好きです。

 

さあ、部屋にはいると早速始まります。カンパーイ!!

これぞ大人の証し とでも言いたげに、見て下さいこの素晴らしい笑顔!来て良かった~

 

男同士の乾杯はジェントルに。

男子は取りあえず人数が多いので、お風呂を早めに済ませて 良い気分でカンパーイ!!

 

見てはいけない、いや、載せてはいけない?

禁断の園?取られてる方々より 取ってる奴の姿が気になるのは僕だけでしょうか?

 

さて、大?宴会の始まりですよ~!!!!!!!!!

僕の慣れない乾杯の音頭で宴会の始まりです。やっぱりこれだけの人数(大事な大事なお客様)が集まると、もの凄く緊張してしまいます。

 

宴会もたけなわ、名前ビンゴにテンションが上がります。

名前ビンゴとは、数字ではなく あいうえおの文字を一字一字引いて、自分の名前が揃ったらビンゴ!と言う遊びです。起立してる方々は全員あと一文字で揃う リーチの方々なのです。

 

商品は何であれ、当たれば嬉しいのは皆同じ、ジャンケンポン!

商品はお店の売れ残りや、販売促進グッズ等で申し訳ないのですが、逆に非売品も有ったりしてそこそこ喜んで頂いたと 勝手に自負しております。

 

一次会の後は当然こうなります。

この部屋の方々には申しわけ無いのですが、一番大きなお部屋で再び「カンパーイ」今度はウイスキーや焼酎 何でもござれの飲み放題。

ここで皆さんに言いたいです。きゃぷてんのお客様は本当に良いお客様の集まりです。他人に平気で迷惑を掛ける方や 酒癖の悪い方など、一人も居ません。心から感謝致しております。

 

嬉しい宴会も終わり、清々しい朝が来ました。

朝飯は各自自分でご飯をよそいます。いつも手慣れたように見える方々ですが、どうなんでしょうか。又、何故旅行に出た旅館の朝飯は こんなに沢山食えるのでしょうか?

 

朝食の御前です。ここ独自のおかずも有るそうです。

良くあるおかずに見えますが、真ん中当たりの長皿の中央の黒い物体は?

 

何だか足の様な物が見えるのですが・・・・。

そうです、此はイナゴの佃煮なんです。僕は結構美味しく頂きましたが、どうしても口に入らない方も何人かおいでたですね。勿体ない 中々口にすることが無いでしょうに・・。

 

朝食時間でみんなが揃って パチリ!

何でもない様に見えますが、全員が揃って同じ時間に 全員が座ることは ほんの一瞬なんですよ。特に飯と味噌汁は自分で注ぐのにです。素晴らしいお客様達です。

 

朝から別行動の方もおいでるので、最後の集合写真です。

いつもの通り 基本帰路は自由行動とします。一緒に走るツーリングじゃ無くなると言う方も居るかも知れませんが、時間が無い方や どうしても行っておきたい所の有る方等がいらっしゃいます。そう言う方に道順まで強要するつもりは無いので きゃぷてんのツーリングは毎回 帰路は基本自由行動です。

 

大半が僕達と同行して頂きました。そのメインロード「大平峠」です。

看板ではそんなにわかりつらいですが、簡単なヘアピンを延々と1時間近く走り続ける峠です。ラスト7㎞付近に休憩所があり、店長も「ゲロ出そうな位腹一杯のヘアピンだ~」と・・・。

 

一緒に走って来た方々の半分の方々??

丁度この倍の人数が一緒に帰りました。何故か半分の方の写真しか無いのは何故?

 

大平峠を終えて高山経由で荘川の「桜香の温泉」まで来ました。

何故この写真を載せたかと言うと、去年も確かここで雨が降り始め、みんなで合羽を着た覚えが・・・。そうなんです、今回もここに付くと落ちて来ました、パラパラと。でも、丁度休憩中でゆっくりしてたので、ゆっくり合羽を着ることが出来たのです。雨のお陰で逆に肌寒かった物が 丁度良い温度に成りました。

 

さ、後は変えるだけ と思いきや、今回最大のアクシデント発生。

そう、事故なんです。幸い誰も怪我は無かったのですが、お客様のバイクがスリップし、対向車の左前のタイヤに衝突。バイクは大破し、対抗の車の左前輪とバンパーが大破。現場の写真です。ペイントが道路全体に塗られ、その上に水が流れ込み ツルツルに成ってます。他の方々が転けなかったのがせめてもの救いです。

 

何とか乗って帰れそうなので みんなでタイヤ交換です。

他の方々を先に帰して、不運?にも一緒に残ってた僕らで 相手の方の車の(まともにタイヤが裂けてました)タイヤ交換です。トラックの運転手の方が居てくれて 本当に助かりました。ありがとう御座います。

 

車の運転手の方に(記念?写真)を撮らせて頂きました。

バンパーとタイヤハウスの内張が割れて破損してます。ブログのUPが遅かったので 今日15日に見積もりが上がり、メンバーやブレーキディスクもダメになり、42万円かかるそうです。

 

バイクはこの通り、大破です。本当に怪我が無くて良かったです。

写真では見にくいですが、Fフォークがグニャッと曲がり、左ステップが落ち、ハンドルも族仕様に・・。乗って帰れないかな~、やっぱ無理でしょう。

 

結果こんな事に・・・・。テネレの悲鳴が聞こえて来そうです。

僕の体重が86㎏、大ちゃんはなんと、150㎏越え!!併せて240㎏!!しかも後ろの方が重い!!僕もお腹に巻いてるウエストバックが合羽の中に有るので 大ちゃんに負けない位太く見えるのですが・・・。「僕のお腹に手を回して良いよ」とは言う物の、なんと自分のお腹と僕の背中が邪魔で 手が、手がとどきまっしぇ~ん!!大ちゃんの敗れた合羽が痛々しいです・・ね。

 

こ、この状態で氷見まで下道を2時間・・・・・死ぬかも。

聞いて下さい、僕の奮闘記。 大ちゃんを乗っけるのに 流石にサイドスタンドを上げたまま乗せる勇気は無く、スタンドを降ろしたまま乗って貰うと・・乗った瞬間、み、右に傾く~!!!そうです、サスが重さで大きく沈み、スタンドより最低地上高が低くなるのです。「これはヤバイ」と思い、少し右にバイクを倒し、スタンドを上げようとするのですが、右足は重さでプルプルし、もう少しで立ち転け寸前です。何とかスタンドを上げてスタートしたのですが、今度はハンドルが異様に軽くなり、真っ直ぐ走るのに力が要るんですよ。分かりますか?大ちゃんがくしゃみなんかすると前が浮きそうでヤバイです。

PM7:10 大ちゃんの家に到着。大ちゃんを降ろした瞬間、あの大きなテネレが 125ccの様に軽く感じました。よく考えると 大ちゃんの重さも有った他に、大きなタンクの中身が綺麗に空っぽに成ってました。軽い筈ですね~。

 

今回参加者の方々には殆ど問題なく行ってくることが出来たと思います。

小さなトラブルは少し有りましたが、僕に取ってはとても心に残る物でした。

皆様、本当にありがとう御座いました。次回も宜しくお願い致します。<(_ _)>