店頭バイク情報レンタルバイクバイク買取店舗紹介      
只今毎週 木曜定休 20:00迄のお楽しみ!

 
HOME»  二人のメモリー目次»  二人のメモリー項目»  S2000で関東・信州を泳ぐ。

S2000で関東・信州を泳ぐ。

H21,8,27~9,3迄、味のある4輪でのツーリングでした。

 久しぶりのS2000でのツーリングです。この車を手に入れて6年に成り、一車種としての長寿所有歴代一位に成ります。他の高級車と比べて安価な車種ですが、どう見ても「好きだから乗ってます」オーラと少しの裕福オーラを出してくれる 本当に良い車ですよ(^_^)。勿論スタイルと色に惚れ込んでの購入なのですが。

(寄り添ってる方も僕の’所有物’?に成って、早いもので 30ん年経ちました)凄いでしょ(^^;)

 ここは福井と岐阜の境目に有った一件のおそば屋さん久しぶりに’当たり’のお店でした。今夜のお宿昼神温泉。

 

初めて来ましたが、ここ昼神温泉の「天心」様も’当たり’の部類居に入る良いお宿でした。浴衣は勿論選べる浴衣で、ホテル内に足湯など思考をこらした設備が嬉しいですよ。

 

 気持ちよかったのでお風呂上がりに’足裏マッサージ’を受けたのですが、余しに気持ちいいと言うより 痛くも何ともなく「何だったんだ?」みたいな。でも、僕達の中では結構上クラスのお宿で満足満足。

 

 

何の写真か分かりにくいのですが、数メートル横を何かが僕らを追いかけ、走ってるんです。ビックリして急停車したところ 何と牛が2頭かけっこをしてたんです。最初は本当にビックリでした!

 

 写真の橋は GPS通りに走ると無理矢理通された 狭い狭い普通乗用車がギリギリ通れる幅しか無いんです。渡ろうかどうしようか悩んで何とか通過。こんな狭い橋を造るくらいならいっそ歩行者専用で良いかもです。

  

 

       

 良い天気の中屋根をオープンにし、気持ちよくどんどん進み着いたのは、富士五湖の中山湖畔の「富士美華ホテル」です。ここは韓国の方が非常に多く、ホテル内は殆ど日本語が聞こえない状態でした(^^;) でも、お部屋からの眺望は流石に良い眺めで、ゆっくり寛ぐことが出来ましたよ。

 

ホテルのお風呂からの眺望と、玄関です。車と一緒の富士山は 中山湖から少し山間居に登った所にある、小さな見晴らし所から撮った物です。綺麗と言うより 気持ちえ~よ~って感じでした。

 

      

 さ~今日は相模原の花火大会が有るので、会場まで直行です。でも、さすがに早く着きすぎて少し時間つぶしにパチンコ屋さんに寄ったところ、何と、二人1時間で約 25000円の勝ち。ニコニコ顔で会場の河原へ移り、100台以上も出てる出店で食い放題!少し贅沢して優良席をゲットし、ミス相模原とツーショット(^^)、何だかラッキーみたいな。約3時間強の待ち時間もあっという間に過ぎ、そこそこの花火大会を堪能させて頂きました。

 

 

 今日は朝から雨・・。予定としては 横浜中華街でお昼を頂き、昼過ぎにはディズニーランドに入る予定。

 

 所が、中華街の有る建物に入って トリックアート成る物を真剣に楽しんでしまい、気がつくと13時済んでしまい、慌ててお食事をし、腹一杯に食い過ぎて ヒーヒー言いながらディズニーへ。右の写真には 十二の干支が描かれてます、十二匹全て分かりますか?

 

 

  

 見えてきましたディズニーシー内のホテルミラコスタ。このホテルは完全にディズニーシーと一体化しており、部屋の窓から会場へ行けそうな位です。高くて降りることは出来ませんでしたが・・・。高いと言えば、料金もメチャ高!素泊まりで1泊一人40000円成り。割安のチケットが無かったら大変なことに成ってます・・。

 

 

 ゲート一つ抜けるだけで会場です。12時までのお楽しみとの事で 充分時間が有りそうです。しかし、雨が降ったり止んだりの荒れ模様、広い会場に一人ポツネンと、テンションが上がりませ・・・ん。

 

 それでも何かアトラクションに参加しただけで充分楽しめるのが、ディズニーなんです。どうせ雨に濡れてるんだから、ずぶ濡れコースを選択し、本当のビショビショに・・・(^o^)。自分たちが終わった後に他の人がまともに水をかぶってるのを見てる方がメチャメチャ笑えました。

 

 

 この写真はせこい奥様が考えたんです、モニターの画面を写真で撮って 無料でお持ち帰り・・・。頭良いんだか悪いんだか? それにしても皆さん慣れてらっしゃるみたいで、真剣な顔をしてるのは僕ら二人だけですな~、チョット恥ずかしかったりして・・・(-_-;)。

 

 そうこうしてるうちに夜も更け、お腹が空いたのでレストランで夕食。雨の中を闊歩してるカップル達を尻目に、屋根の下で豪華な?お食事とビールで乾杯! 雨の日に外での食事は初めての経験でしたが、結構おつな物ですよ。特に場所が場所だから余計にゆっくり楽しむことが出来ました。

 

  

 次の日も2daypassでそのままディズニーランドへGOO! しかし、昨日より雨がしどい、何と台風が直撃に近く接近してるとの事。外を歩くのが尋常ではない位、強風で豪雨!従業員達も為す術もなく、ただただ路面の水切りを無限に繰り返すのみ・・・・。

 

 

 それでも室内の催し物はそれなりに楽しめたのですが、それでもアナウンスで「豪雨や強風が酷くなれば 公演は中止に成ることも御座います」と繰り返してます。しかし、世界有数のアトラクションアミューズの迫力は素晴らしく、演劇だけでも充分感動を覚え、結構満足出来ました。でも、やはり丸一日は時間を潰すのが難しい天候なので、ランドは諦めて午後からは移動に当てることにしました。

 

 

  

 明くる日は何とも言えない晴天です。ん~複雑な感じですな~・・。今日は埼玉県秩父市小鹿野(バイクの町として町おこしをしてます)に出来た「バイクの杜 フォレスト」がお目当て。当店のお客様がレストアし、寄付したバイクも何台か有ると聞いて行かないわけには・・。開館まで一時間、秩父の町を探索してきました。

 

 

 誰も居ない駐車場、チョット寂しかったです。中に入ると一番先に目に付いたのがこれ、長~い刀1100、500PSのターボ付、当然何にも使えないドラッグレース専用。良いんですけど何か引っかかる物が有るのは何でしょう。

 

 

 これが数年前田村氏のガレージに有ったのを初めて見た、DKWーD17です。隣のHOREXも同氏が手がけた物だそうです。いや~綺麗なのに驚きです。

 

 

会場を出た後、予定も行き先も決まらないまま、只山の方角にS2000を進めて行くと、道ばたにこんな岩が有りました。何と恐竜の足跡の化石です。

 

 よく見ると大変分かりやすく形が残ってます。ここは結構標高が高いのですが 貝などの化石も見られるため 昔は海だったとの事です。

 

 

 どんどん山に入り、本州の真ん中みたいな所に来ました。標高により、霧が掛かったり、雨が降ったり、その上を行くと晴れてたり、山の気候は変化に富んでます。今回は屋根付きなので何の心配も要りませんが(^_^)。

 

 

  

 R299をひたすら西へ 山を下りたところが、ビーナスラインや美ヶ原、諏訪湖も近い佐久近辺。諏訪湖の油屋さんにTEL入れたら「満室で御座います」と即答され、ん~と考えてる内、奥さんが「さっき通って来た(扉)の文字は扉温泉の事?」と聞かれ、速TEL入れると「お部屋のご用意は出来ます」と 初めて泊まることが出来ました。

 

       

 ご存じの方は分かってくれると思いますが、この旅館(明神館)は 芸能人の方や著名人の方が多く、立ち湯が有名になり全く予約が取れない状態でした。今回は本当にラッキーで 一発で当日に予約が取れた事に驚きでした。いや~、本当に良い旅館です。部屋も温泉も食事もお持て成しも・・◎

 

 

 明日はもう一件行ってみたかった「四万温泉」の有る旅館に予約が取れ、最後の宿に向かう途中、地図を見ると最近話題になってる、やんばと読むらしいですが(八ッ場ダム)、を見学に立ち寄る事に。

 

       

 ダムが完成すると沈んでしまう可能性が有る、川湯温泉をじっくり観察し、入浴したかったが先客が多すぎて さすがに無理だったので車サインだけ失礼して パチリ!

 

 

 ここは四万温泉奥の 四万ダムです。時間が有ったので寄っただけなのですが、水の青さにビックリ!何かの影響でこんな色に見えるのでしょうが、それにしても綺麗でしたよ。

 

 

 そうです、ここがあの有名な「千と千尋の神隠し」のモデルに成ったと言われる 群馬の指定建造物にも成ってる、積善館の元禄の湯なのであります。

 

 

 どうですか?この迫力!建造物に感動を覚えるのも たまには良い物です。

 

 ここは四万温泉の町並みと 元禄の湯の中身で御座います。明治の時代から変わらずに 現役で今日まで使ってると言うこと自体、感動物ですぞ!

 

 

  

 最後の一日は走ることだけに専念し、霧が濃くて何にも見えない 野反湖まで足を伸ばし(馬鹿だね~)無駄な時間を使ってしまい チョット後悔でした。

 

       

 草津まで降りてきたからには、西の河原は外せないでしょう。ここへ来るたび、草津のお湯の豊富さを思い知らされます。

 

 

 最後は老夫婦のツーショットですが、お許し下さい。何事にも代え難い大事な相棒です。次回はやはり、バイクで行きたいですね。でも、正月はどうにも成りませんが。又お店に遊びに来てくださいませ。有り難う御座いました。